カーリースとは?メリットとデメリット

CAR

最近話題のカーリースってどんなサービスなの?

「カーリース」とは、手軽に車に乗る方法であり、その魅力は数多く存在します。まず、月々の定額料金で新車を利用できる点が大きなメリットです。初期費用としての頭金は不要であり、車検やメンテナンスの費用も月額料金に含まれています。これにより、手軽に好きな車種を選んで新車に乗ることが可能です。

しかし、カーリースにはデメリットやカーローンとの違いもあり、注意が必要です。しっかりと理解しておかないと後悔する可能性もあります。カーリースの仕組みやメリット、デメリットを学んでいきましょう。

以上のように、カーリースはお得に車に乗る方法であり、月々の定額料金で新車を利用できる魅力があります。ただし、デメリットやカーローンとの違いも把握しておく必要があります。この記事では、カーリースのしくみやメリット、デメリットについて解説していきます。

カーリースとはどんなサービス?

カーリースは、利用者が選んだ車をカーリース会社が代わりに購入し、希望する期間だけ月々の定額料金で貸し出すサービスです。

利用者は自由に車の車種やグレード、オプションなどを選ぶことができます。特別仕様車や福祉車両の選択も一部のカーリース会社では可能です。そして、契約期間中は自分だけの車として所有し、自由に乗ることができます。

また、カーリースの車には一般ナンバーが割り振られますので、外見上ではカーリースとわかる心配はありません。さらに、一部のカーリース会社では希望ナンバー制度を利用でき、好きなナンバーを選ぶこともできます。

以上が、カーリースの特徴です。利用者は自分に合った車を選び、期間や利用料金を決めることで、手軽に新しい車に乗ることができます。

カーリースの料金のしくみは?

車を購入する際には、車両本体代金に加えて税金や自賠責保険料、各種手数料などの初期費用が必要です。さらに、車の維持費として税金や車検費用などが不定期に発生します。

一方、カーリースでは、乗り始めから契約満了まで毎月の定額料金を支払うだけで、まとまった出費の心配がありません。初期費用や車両本体代金に一度に多額の支払いをする必要はありません。また、税金や車検費用などの維持費も月々の料金に含まれている場合があります。

このようにカーリースでは、予期せぬ費用や一度に大きな支払いをする必要がないため、経済的なメリットがあります。月々の定額料金を支払うことで、予算を抑えながら車を利用することができます。

◆車両本体価格が安くなるしくみ

車を購入する場合、車両本体価格の全額を一度に支払う必要があります。しかし、カーリースでは契約期間を基にした「残価設定」という仕組みを利用することで、車両本体価格から契約満了時の想定される市場価値(残価)を差し引いた金額のみを支払うことができます。

この残価設定により、実際に支払う車両本体価格は契約年数に応じた分だけとなります。つまり、契約期間終了時に見込まれる車の市場価値を考慮して支払うため、購入する場合よりも安くなる事があります。

この仕組みによって、カーリースでは初期費用や全額支払いの負担が軽減され、経済的なメリットが生まれます。契約期間終了時には車を返却することが前提ですが、長期間使用するつもりがない場合や車の価値が下がりやすい場合には、カーリースがより経済的な選択肢となることがあります。

◆初期費用などのまとまった出費が不要

カーリースの利用料金には、車両本体価格だけでなく、各種税金や自賠責保険料、手数料など、車の購入や維持に必要な費用のほとんどが含まれています。

これにより、カーリースを利用する際には初期費用を心配する必要がありません。通常、車を購入する場合には車両本体価格に加えて、自動車税や自賠責保険料、登録手続きの手数料などの諸費用がかかりますが、カーリースではそれらの費用が利用料金に含まれています。

さらに、毎年の自動車税(種別割)や車検時の法定費用など、定期的に発生する費用もカーリースの利用料金に含まれています。これにより、予期せぬまとまった出費の心配なく、新車に乗ることができます。

カーリースを利用することで、初期費用や維持費用に関する負担を軽減し、経済的にお得に新車に乗ることができます。また、定額の利用料金で予算を把握しやすく、計画的な車の利用が可能となります。

◆月々定額で乗れる

カーリースの月額料金は、車両本体価格を含めた利用にかかる費用の総額を契約月数で割って算出されます。このため、毎月の料金は定額です。

カーリースでは、新車購入時と同様に車種やグレード、オプションを自由に選ぶことができます。また、契約年数やプランも選択することができる場合が多く、それに応じて月額料金が変動します。これにより、自分の予算に合わせて車種やプランを調整することが可能です。

さらに、カーリースでは月々の費用をシミュレーションすることもできます。自分のこだわりや予算を考慮しながら、車の車種やオプションを選んで月額料金を見積もることができます。これにより、予算内に収まるかどうかや、自分のこだわりを満たすかどうかを事前に把握することができます。

カーリースでは、柔軟な選択肢と月額の定額料金により、自分の予算や好みに合わせた車を利用することができます。シミュレーションを通じて、自分に最適なプランを見つけることができるでしょう。

カーリースのメリット

どんなメリットがあるのかなぁ?

カーリースには以下のようなメリットがあり、それによって充実したカーライフを実現することができます。

  1. 貯金ゼロでもOK: カーリースでは初期費用や頭金が不要であり、月々の定額料金の支払いだけで新車を利用することができます。これにより、貯金が少ない状況でも新車に乗ることができます。
  2. 好きなメーカーの車を選べる:カーリースでは多くの車種やグレード、オプションから自分の好みに合った車を選ぶことができます。自分のライフスタイルやニーズに合った車を自由に選ぶことができるため、より満足度の高いカーライフを実現できます。
  3. ラクラク!全てネットで完結: カーリースはオンライン上で車種の比較や申込手続きを行うことができます。煩雑な手続きや面倒な審査も簡単に行えるため、手間を省いてスムーズに新車の利用ができます。
  4. 乗換えがしやすい: カーリースでは契約期間の終了後、新しい車への乗り換えが容易です。車両の買い替えやライフスタイルの変化に合わせて柔軟に車を変更することができます。
  5. 節税効果あり!リース料を経費として計上: カーリースの料金は法人や個人事業主の場合、経費として計上することができます。これにより、税務上のメリットを享受しながら車を利用することができます。

それぞれ深堀していきます!

1.貯金ゼロでもOK

車を購入する際には、車両本体価格に加えて初期費用としてまとまった資金が必要です。しかし、カーリースを利用する場合は初月からかかる費用は月額料金のみです。大きな頭金や登録諸費用を用意する必要はありませんので、貯金がなくても新車に乗ることができます。また、貯金を崩したくない方にとってもカーリースは最適な選択肢です。

さらに、カーリースの月額料金には自動車税(種別割)や自賠責保険料など、車の維持に必要な出費も含まれています。契約期間中は契約時に決められた月額料金を支払うだけで済み、定期的にかかる維持費の負担もありません。このため、車を維持していく上での負担を軽減することができます。

さらに、カーリースではメンテナンスプランに加入することも可能です。この場合、車検費用や定期的なメンテナンス費用も月額料金に含まれるため、臨時の出費を心配する必要がありません。法定の点検やメンテナンス作業のための費用も月額料金に組み込まれているため、定期的なメンテナンスに必要な貯金も不要です。

カーリースを利用することで、初期費用や定期的な維持費の負担を軽減し、お得に車を利用することができます。また、メンテナンスプランに加入することでさらに経済的な面での負担を軽減することができます。心配なまとまった出費がなくなり、快適なカーライフを送ることができます。

2.好きなメーカーの車を選べる

カーリース会社では、取扱車種が豊富であり、さまざまなメーカーの車種やグレードを比較検討することができます。これにより、特定のメーカーに偏らず、フラットな目線でアドバイスを受けることができます。自分に最適な車を見つけやすくなるというメリットがあります。また、各メーカーのディーラーを巡る手間も省けるため、休日を有効に使うことができます。

カーリースでは、契約者のために現行モデルの新車が提供されます。新車であれば、中古車によく見られるトラブルや故障の心配がありません。さらに、新車購入と同様にメーカーの保証が適用されるため、安心して車を利用することができます。新車の状態を保ちながら利用できる点も大きなメリットと言えるでしょう。

カーリースを利用することで、新車の安定性とメーカー保証を享受しながら、自分にぴったりの車を選ぶことができます。これにより、安心して快適なカーライフを送ることができます。

3.ラクラク!全てネットで完結

個人で利用できるマイカーリースでは、ほとんどの場合、車選びから審査申込みまでをオンラインで完結することができます。さらに、オンライン上で料金シミュレーションも行えるので、自宅でゆっくりと比較検討を行い、自分に最適な車を選ぶことができます。

納車時には、車を自宅まで届けてもらうことができます。そのため、申込みや契約、車の受け取りなど、通常は販売店を訪れる必要がある手続きを一切行わずに、自宅からカーライフを始めることができます。

ただし、店舗を設けているカーリース会社を選ぶ場合は、対面での相談や話を聞くこともできます。自宅で手続きを行いたい場合と、直接話をして安心感を得たい場合など、自分のニーズに合わせて選択することができます。

マイカーリースを利用することで、ネット上での手続きや自宅への納車サービスによって、手軽かつ便利にカーライフをスタートすることができます。

4.乗換えがしやすい

車を購入した場合に比べると、カーリースでは手続きや車の処分に関する負担が少なくなります。契約満了時には、車をカーリース会社に返却するだけで済みます。車の売却や廃車手続きなどの手続きは、カーリース会社が代行して行ってくれますので、個人で手続きする必要はありません。

また、契約満了時には、いくつかの選択肢があります。同じ車に乗り続けたい場合は、再リースを選ぶことができます。車種を変えたい場合は、返却して新しい車に乗り換えることもできます。個人向けカーリースでは、これらの選択肢を利用して、柔軟にカーライフを変化させることができます。

さらに、一部のカーリース会社では、契約満了時に追加費用なしで車を手に入れることもできます。リース期間中は定額の料金で利用し、最終的にはマイカーとして所有することができるので、長期的に同じ車に乗り続けたい方にとっても魅力的な選択肢となります。

個人向けカーリースは、手続きの簡便さや選択肢の豊富さ、まとまった出費の心配がない点など、多くのメリットを提供しています。これらの特徴は、個人のニーズや予算に合わせたカーライフを実現するために役立つでしょう。

5.節税効果あり!リース料を経費として計上

法人や個人事業主がカーリースを利用する場合には、経費として全額を計上することができます。リース料は事業費として扱われるため、税務上の節税効果が期待できます。

一方、車を一括購入した場合やローンを利用した場合には、減価償却や利息分のみが経費として計上されます。カーリースでは、月々のリース料金がすべて経費として計上されるため、経理上の手続きが簡素化されます。

また、カーリースには車両本体価格のほかに、自動車税や自賠責保険料などの諸費用も含まれています。これらの費用が月額料金に含まれているため、別途の手続きや処理をする必要がありません。経理上の手間や負担が軽減されるため、事業の運営においても効率的です。

カーリースを活用することで、経費計上のシンプル化や節税効果の実現が期待できます。事業費の見直しや効率化を図りながら、車の利用に関する経費を最適化することができるでしょう。

カーリースのデメリット

デメリットも知っておかないと...

カーリースにはいくつかのデメリットも存在しますので、それらを把握しておくことは重要です。

  1. 走行距離制限: カーリース契約では、年間や全体の走行距離に制限が設けられている場合があります。制限を超えると追加料金が発生することがあります。
  2. 残価精算: カーリース契約の一部に残価設定がある場合、契約終了時に残りの車両価格を支払う必要があります。この残価精算が予想以上に高額になる場合があります。
  3. カスタマイズの制約: リース車は所有者がカスタマイズを行うことが制限される場合があります。車両の外観や内装の変更が制約されることがあります。
  4. 解約や契約内容変更の制限: カーリース契約は通常、契約期間中に解約や契約内容の変更をすることが制限されています。早期解約や契約変更を行う場合には違約金や手数料が発生することがあります。
  5. 審査の通過が必要: カーリース契約には審査があり、クレジットや信用情報の確認が行われます。審査に通らない場合、カーリースを利用することができません。

これらのデメリットは、カーリース会社によって異なる場合があります。選ぶカーリース会社によっては、走行距離制限の緩和や柔軟な契約解除条件など、デメリットをカバーするオプションやサービスを提供していることもあります。カーリースを検討する際には、デメリットを確認し、自身のニーズと照らし合わせて最適な選択を行うことが重要です。

それぞれ深堀していきます!

1.走行距離制限

カーリース契約では、通常、月間や年間の最大走行距離が制限されることがあります。これは車の価値を保護するための措置であり、一般的には1ヵ月あたり500〜2,000km程度が平均的な制限範囲となります。契約期間中に合計走行距離が制限を超える場合には、超過分の料金が発生することが一般的です。

走行距離制限の上限は、カーリース会社によって異なるため、契約前に確認することが重要です。また、超過料金の金額も事前に把握しておくことが推奨されます。

「一般社団法人 日本自動車工業会」の調査によれば、一般的な月間平均走行距離は370kmであり、96%の人が月間走行距離が1,200km以下と報告しています。したがって、月間走行距離の制限が1,500km程度であれば、多くの方にとっては心配する必要がないでしょう。

もし長距離を運転することが多い方や制限に不安を感じる方は、無制限走行距離のカーリースを検討することをおすすめします。これにより、走行距離制限のストレスを解消することができます。

2.残価精算

カーリース契約には、オープンエンド方式とクローズドエンド方式の2つの選択肢があります。これらの方式によって、契約満了時の負担が異なるため、適切な選択が重要です。

オープンエンド方式は、契約時に残価の金額を提示し、契約満了時に実際の車の査定額と比較して精算を行う方式です。契約満了時に車の市場価値が残価を下回っている場合、差額を支払う必要があります。つまり、車の価値が予想よりも低下していた場合、追加の費用が発生するリスクがあります。

一方、クローズドエンド方式では、契約時に設定した残価金額に基づいて契約が終了します。契約満了時に市場価格を理由とした残価精算を行わず、差額の請求がないため、安心感があります。

オープンエンド方式では、契約満了時に高額な費用が発生するリスクがあるため、クローズドエンドのカーリースを選ぶことが安心です。クローズドエンド方式では、残価精算の心配をせずに契約を終了できます。ただし、注意点として、オープンエンド方式の方が月々の支払い額が低くなる場合もあるため、個々の状況に応じて比較検討することが重要です。

3.カスタマイズの制約

カーリースでは、基本的にはドレスアップやカスタマイズを行うことが制限されるため、その点には注意が必要です。カーリース契約の際、車の所有権はカーリース会社にありますので、他人の所有物を自由にカスタマイズすることはできません。

ただし、一部のカスタマイズは元に戻すことが可能です。たとえば、カーナビやライトの入れ替えなどは許可されることがあります。ただし、契約満了時に車を返却する際には、車を原状回復する必要があります。

カーリースで車をカスタマイズしたい場合は、車を最終的に手に入れるサービスを利用することで、返却の必要がなくなります。これによって、カスタマイズを自由に行うことができます。

ですが、一般的なカーリース契約ではカスタマイズに制限があるため、カーリースを検討している場合は、カスタマイズが重要な要素であれば注意が必要です。契約前にカーリース会社のルールや制約について確認し、自分の希望に合った選択肢を探すことが重要です。

4.解約や契約内容変更の制限

一般的なカーリース契約では契約期間途中での解約や契約内容の変更は基本的に認められません。契約期間中に解約する場合、残りの利用料を一括で支払ったり、違約金を支払う必要があります。これは、契約料金を契約期間に分割して支払っているため、途中で解約されるとカーリース会社にとって収益の減少やリスクが生じるためです。

ただし、状況によってはやむを得ない事情で中途解約する場合もあります。事故による修理不能や廃車などのトラブルが生じた場合などがそれに当たります。このような場合、自動車保険(任意保険)の加入は重要です。自動車保険は事故や損害による経済的なリスクをカバーするため、中途解約などの際に支払う違約金や残りの利用料を補填する役割を果たします。

また、一部のカーリース会社では、1年単位で契約期間を選べる柔軟な契約プランを提供しています。これにより、必要な期間だけ契約をすることができ、中途解約のリスクを軽減することができます。契約前に各社の契約条件や解約に関する規定を確認し、自身のニーズに合わせた適切な契約プランを選ぶことが重要です。

5.審査の通過が必要

カーリース契約も契約前に審査があります。カーリース会社は、契約期間中にリース料金を支払える信頼性のある申込者を選別する必要があります。したがって、収入の安定性や債務履歴などが審査基準として考慮されます。

収入が不安定な方や債務履歴に問題がある方は、カーリースの利用が制限される可能性があります。カーリース会社は契約期間が中長期にわたることが多いため、申込者が契約期間中にリース料金を滞りなく支払える能力があるかを確認する必要があります。

ただし、審査基準はカーリース会社ごとに異なるため、一度審査に落ちたからといって他のカーリース会社の審査にも必ずしも通らないわけではありません。異なるカーリース会社の審査にチャレンジすることで、審査に合格する可能性がある場合もあります。

月額料金の安いカーリースや長期契約で月額料金が割引されるカーリースなど、審査対象となる金額を抑えやすいサービスを選ぶことも一つの方法です。また、収入や債務履歴の改善を目指すことも、審査に通る可能性を高める手段となります。

最終的な審査結果はカーリース会社によって異なるため、具体的な条件や要件については各社の公式ウェブサイトや担当者にお問い合わせいただくことをおすすめします。

まとめ

メリットとしては、カーリースは費用だけでなく手間の削減にも大きなメリットがあります。カーリースを利用することで、以下のような手続きや管理の面での負担を軽減することができます。

  1. 車両の選定と手続き: カーリース会社が車両の選定や契約手続きを代行してくれるため、自分でディーラーや販売店を回る手間や時間を省くことができます。また、車の購入やローン手続きに関わる面倒な手続きも不要です。
  2. 車両のメンテナンス: カーリース会社が定期的なメンテナンスや車検、保険の手配などを行ってくれます。自分でこれらの手続きや管理をする必要がないため、時間や労力を節約することができます。
  3. 経理の簡素化: カーリースの月額料金は経費として計上できるため、経理処理が簡素化されます。車両の購入や減価償却の手続きを行う必要がないため、会計上の手間や時間を削減することができます。
  4. 代車の提供: カーリース会社がトラブルや修理時に代車を提供してくれる場合があります。これにより、車の故障や事故による移動の制約を受けずに済みます。

以上のような点から、カーリースを利用することで時間や手間を削減し、生活の煩わしさを軽減することができます。経済的なメリットだけでなく、便利さや快適さもカーリースの魅力と言えるでしょう。

デメリットとしては、確かに車の使用に制約がある場合があり、追加費用が発生することもあります。しかし、カーリース会社によっては取扱車種や契約期間、オプションなどの選択肢が豊富であり、それによってデメリットを軽減し、お得なカーライフを実現することが可能です。

選択肢が多いカーリースでは、自分のニーズや予算に合わせて車種を選ぶことができます。また、契約期間やプランの柔軟性も高いため、自分のライフスタイルに合わせた使い方ができます。

さらに、オプションや付帯サービスの選択も重要です。例えば、メンテナンスや故障時のサポート、代車の提供などが含まれているプランを選ぶことで、予期せぬ費用やトラブルに対処しやすくなります。

カーリースを選ぶ際には、自分のニーズや予算に合わせて柔軟にプランを構築することが重要です。多くの選択肢があるカーリース会社を比較検討し、利用条件や料金体系、付帯サービスなどをよく確認することで、デメリットを最小限に抑えながらお得なカーライフを実現することができるでしょう。

コメント