「車が欲しいけど貧乏で厳しい」カーリースなら無理せず車が持てる?

CAR

「お金がなくて新車を買うのは難しいけど、カーリースなら乗れるんだろうな」と思っている人もいるかもしれません。でも、カーリースはちょっと複雑そうで、損をしないか心配ですよね。

そこで、カーリースのメリットや注意点を説明します。また、カーリースは貧乏人向けと言われてる事もあるのですが、なぜなのかもお話しします。カーリースの利点を知ることで、みんなが安心して選べるようになるはずです!

カーリースとは?車を手に入れるための新しい方法とは

カーリースとは、車を手に入れるための新しい方法の一つです。通常、新車を買うには高いお金が必要ですが、カーリースではその費用を抑えることができます。具体的には、リース会社と契約を結び、毎月一定の料金を支払うことで新しい車を利用することができます。

カーリースのメリットはたくさんあります。まず、初期費用が少ないため、貯金がない人でも新車に乗ることができます。さらに、月々の支払いも定額なので、家計の管理がしやすくなります。また、車のメンテナンスや保険などの手続きもリース会社がサポートしてくれます。

ただし、注意点もあります。カーリースでは契約期間中に解約することができないため、長い期間の契約を選ぶ前によく考える必要があります。また、一定の走行距離や車の状態の制限がある場合もあります。これらの制約に気を付けながら、自分に合ったカーリースプランを選ぶことが大切です。

カーリースは貧乏な人にも車を手に入れるチャンスを与えてくれる新しい方法です。お金に厳しい状況でも、夢の車に乗ることができるかもしれません。大切なのは、自分の経済状況や将来の予定を考え、責任を持って契約することです。

貧乏でも車を持てる理由!カーリースの利点とは

カーリースは審査が甘い

カーリースでは、自社で審査を行うことができるんです。それによって、多くの人がカーリースを利用できるようにしているんだ。他の銀行の車のローンでは、「貯金がない」や「返済できる能力がない」と判断されると、審査に落ちることもあるんだけど、カーリースの審査基準は甘いから、通りやすいんです。

カーリース会社は、金融情報を照会する機関が1つだけだから、審査が通りやすいです。金融問題があった場合、複数の金融機関に照会されると、審査が難しくなることもあるんだけど、カーリースならそれを気にしなくても大丈夫。

だから、カーリースはお金がない人や金融問題がある人にも向いています。自分の状況に合った車を手に入れることができるから、とっても便利!でも、お金の責任を持って利用することは大切なので、将来の支払いや契約の条件をよく考えて、しっかりと利用しましょう。

給料が少なくても大丈夫

カーリースでは、月々の料金が安く設定されています。

その安さの理由は、「残りの価値を引いた料金」

「残りの価値」とは、カーリース契約が終わったときに車が持つ予想される価値の事です。

たとえば、200万円の車をカーリースする場合、契約が終わったときの車の価値が50万円だと予想されるとすると、200万円から50万円を引いた150万円を、契約期間中に月々支払うことになります。

200万円(車の価値)- 50万円(残りの価値)= 150万円(リース料金)

また、カーリースでは、契約期間が長いほど月々の料金が安くなります。

なぜなら、全体の料金を契約期間で分割して支払うから。

だから、契約期間が長いほど、1か月に支払う料金が安くなります。

これらの理由から、カーリースは月々の料金が安くなるし、貧乏でも車を手に入れることができるんです。

でも、カーリースを利用するときは、契約内容や支払いのことをしっかり考えることが大切です。自分に合ったプランを選び、責任を持って利用しましょう。

貯金無しでも大丈夫

カーリースは、貯金がなくても自動車を持つことができます。

新しい車や中古車を買うときには、登録料やその他の初期費用が必要だけど、カーリースでは初期費用は一切かかりません。

だから、貯金がなくてもすぐに車を使うことが可能です。

カーリースなら、貯金がなくても新しい車に乗ることができて、嬉しいですよね。

さらに、月々の料金は契約を始めた時から一定の額だから、家計の管理もしやすいです。

リース会社によっては、自賠責保険料や車検代、自動車税、メンテナンス代などの維持費も月々の料金に含まれていることもあります。

だから、支払うべき費用が明確で、家計の管理がしやすい。

カーリースを利用することで、貯金がない人でも新しい車に乗ることができます。

ただし、カーリースの契約内容や条件をよく理解して、責任を持って利用することが大切です。自分に合ったプランを選び、楽しみながら車を利用しましょう。

頭金がいらない

カーリースでは、新車を手に入れるために頭金は必要ありません。

普通、新車を買うときには自動車ローンか現金で一括払いをするけれど、その場合は頭金が必要になります。

たとえば、200万円の新車を買う場合、通常20%くらいの約40万円の頭金が必要です。

だから、お金が少ない人には新車を買うのは難しいと思われるかもしれません。新車はお金持ちが買うイメージがあるでしょう。

でも、カーリースでは頭金は一切必要ありませんので、お金に余裕がない人でも利用することができます!

カーリースを使えば、少ないお金でも新車に乗ることができるんですよ。

ただし、カーリースの契約内容や条件をしっかり理解して、責任を持って利用することが大切です。

自分に合ったプランを選んで、楽しく車を利用しましょう。お金のことを気にせずに、新しい車に乗れるのは嬉しいですよね!

誤解されがちなカーリース

カーリースは「高い」「損」という思い込み

カーリースには手数料がかかり「高い」というイメージがありますが、実は月額料には自動車税や車検代などの維持費が含まれています。

だから、別途お金を支払う必要はありません。自動車ローンと比べると、カーリースの方がお得な場合もあるんですよ。お金のことを気にせずに車を楽しめるのがいいですね。

実は審査が通りやすい

カーリースも自動車ローンと同じように審査がありますが、実はカーリースの方が一般的な自動車ローンよりも審査が通りやすいんです。

なぜなら、カーリースは頭金が不要で、自社で審査基準を設けているからです。そのため、貧乏な人でも審査が通りやすく、利用しやすいんですよ。車が欲しいけどお金に余裕がないという人にとって、カーリースは素晴らしい選択肢となるでしょう。

CMやチラシなどの「コミコミ1万円」が嘘くさい

カーリースのCMやチラシで「コミコミ1万円」という値段をよく見かけますが、実際には「コミコミ1万円」はボーナス月に約10万円を支払うことで利用できるプランという事です。

つまり、9年契約で計算すると月額約2万5千円になります。

つまり、月額1万円だけで新車に乗れるわけではありません。

だからこそ、プランにボーナス払いがあるかどうかを確認することが重要です。

また、車検代やメンテナンス代などは含まれているのかどうか、契約前にプランやオプション内容をしっかり確認する必要があります。

大事なのは、宣伝のキャッチコピーだけでなく、実際の契約内容や費用を確認することですね。

走行距離の制限が絶対にあるという思い込み

カーリースには常に走行距離に制限があると思っている人もいるかもしれませんはね。確かに一般的に1000~1500kmに設定されている場合が多いです。

しかし、実際にはカーリース会社によっては走行距離が無制限のプランもあります。

つまり、「車の利用頻度が高い」や「走行距離が長い」という方でも、カーリースはおすすめです。

ただし、一部のプランや契約条件では走行距離に制限がある場合もありますので、契約前にしっかりと確認することが大切です。

自分の使用目的や予定される走行距離に合わせて、最適なカーリースプランを選ぶことが重要です。

カーリースは走行距離に制限がないプランもあるので、自分のニーズに合ったプランを選びましょう。

貧乏な人でもおすすめメリット

カーリースは貧乏な人にもおすすめです。

なぜなら、頭金や登録料が一切かからないからです。普通、新車を買う時は、頭金として車両価格の20%くらいのお金が必要です。

例えば200万円の新車を買うなら、40万円の頭金が必要になります。でも、カーリースなら頭金は不要ですから、お金がなくても新車を使うことができます。

また、新車を買うと車の登録料などもかかりますが、カーリースではそれもかからないんです。だから、貯金がない人や生活が厳しい人にとって、カーリースはおすすめです。

さらに、カーリースでは自動車税や自賠責費用も不要です。通常、車を持つと自動車税や自賠責費用を支払わなければなりませんが、カーリースでは月額料金に含まれています。だから、別途維持費を支払う必要がないので、新車を所有するのが簡単です。

そして、カーリースの月額料金は自動車税や車検代、メンテナンス代を含んでいます。

車を買うと2年に一度の車検代が約10万円かかったり、中古車は故障した時の修理代がかかることもあります。でも、カーリースなら定額料金が契約満了まで変わらないので、突然の出費に悩むことはありません。

以上のことから、新車を定額料金で乗れるカーリースは貧乏な人にとってもお得で、家計も安心ですね。

カーリース利用者の体験談・評判

カーリースのデメリット(利用者の声)

  • マイカーではなく借りているため、小さな傷にも神経質になりストレスを感じることがある。
  • 月々の支払額はそこまででもないが総額にすると高い。
  • 自分以外の人に運転させるのは心配で、保険を付け過ぎるとコスパが悪くなる。
  • 納車までの時間がレンタカーよりもかかることがデメリットと感じられる。
  • 中断解約にはリスクが伴う。

カーリースのメリット(利用者の声)

  • 車両価格が通常のローンよりも安く、車種の選択肢が豊富である。
  • 初期費用がかからず、最新モデルの車に乗れる。
  • 車検費用や頭金が不要である。
  • 短期間でも利用可能で、必要なときに使える。
  • 登録諸費用や自動車税などが含まれているため、手間や負担が軽減される。
  • ガソリン代の割引キャンペーンなど、地味ながらも嬉しい特典がある。

上記のように、カーリースには利用者によってさまざまなメリットやデメリットがあります。

自分に合ったカーリースプランを見つけよう

カーリースプランの選び方のポイント

  • 走行距離制限を自分の車の利用頻度や距離に合わせて選ぶ。
  • 契約期間を車の使用期間や車種変更の柔軟さに応じて考える。
  • 定期点検の必要性に合わせてメンテナンス代のセットプランを選ぶ。
  • 契約満了時に車を引き取るか乗り換えるかを考え、プランを選ぶ。
  • 残価清算の有無や詳細について確認し、契約満了時の費用を把握する。
  • サポート費用が月額料に含まれているか確認し、オプションの費用も考慮する。

カーリースを選ぶ際には自分の使い方や希望に合わせてプランを比較し、必要な情報を確認することが重要です。

カーリース会社おすすめ8選を紹介

カーリースとは?メリットとデメリット

カーリースのデメリットの1つ、走行距離制限とは?